本日のおやつ。
e0132720_1235455.jpg

こちらの出店などではよくみかける、大きくてやわらかい、どちらかというとパンの部類に入るのではないかと思われるソフト・プレッツェル。

レシピを見つけたので、今日のおやつ用に作ってみました。

短時間でできる簡単なもので、トッピングには荒塩とチーズがかかり、しょっぱいのとチーズ味が好きな子供たちには好評でした。


そういうわけで、本日のおやつは、このソフト・プレッツェルと、いちご(アメリカ産のセール品。なんと3パックで5ドルとお買い得でした!)。そろそろ春が待ち遠しい今日この頃です。
[PR]
# by koebel | 2012-03-02 12:46 | daily news
Movember
e0132720_12395496.jpg

11月中、November(ノーベンバー)ならぬ"Movember(モーベンバー)"ということで、あちらこちらでヒゲを生やしている男性陣を見かけました。

Movemberは、ヒゲの'moustache' と11月の'November'を合わせた造語で、毎年11月の1か月間の間、ヒゲを剃らずに伸ばして男性の癌についてもっと考えよう、というチャリティーイベントで、特に今年に限ったことではなく、なんと1999年以来世界のあらゆる地域で行われているそうなのですが、Danは今年「生まれて初めて」ヒゲを伸ばしていました。
会社の同僚の皆さんには好評だったらしく、本人はまんざらでもない様子。

さて、この`ヒゲ伸ばし'イベント、11月30日で終了です。

1日明けてDanがヒゲを剃ってしまう前に写真に撮っておこうよ、と、Danを誘ってキッチンでカメラを構えると、Mayaが何が始まるの?とやってきました。

というわけで、ふたりで記念撮影です。
[PR]
# by koebel | 2011-12-01 00:00 | daily news
髪の毛、切っちゃいました。
e0132720_14315297.jpg

夕食の準備がちょうど終わったところでした。
Mayaに「ごはんが出来たよ~」と呼びかけて、ふとMayaを見たときに違和感を感じ、よくよく考えてみたら…Mayaの前髪がない!

放課後だけ面倒をみている小学生の女の子達3人はそれぞれお父さんお母さんのお迎えが来て帰ってしまっていて、Jackはアイスホッケーの試合で留守、Mayaひとりで静かに遊んでいるなぁ、と呑気に構えていたら…子供用のハサミを使って、自分の髪の毛を切っちゃっていました。

やられました。油断しました。

ずいぶんざっくり切ったはずなのに、切られた前髪はいまだもって行方不明です。

一晩明けて、今日Mayaの前髪を見たママ友のお母さんたちは、
「鏡なしで切ったの?きれいに切れてるじゃない」
「ウチも小さいときやったわよー。あなた自身は経験ない?子供のころ皆必ず1度は切るわよねー」
と笑っていました。

確かに、鏡なしでやったとは思えないくらい、きれいに切れてる…もしや洗面所で切って、証拠を隠滅したのか??? 恐るべし3歳児…。
[PR]
# by koebel | 2011-11-30 00:00 | daily news
ライ麦パン焼いてます。
e0132720_14142987.jpg

白いパンより全粒粉のパンやライ麦パンなどのほうが健康には良いとお世話になっている栄養士さんに聞いたあと、街角の食材屋さんでライ麦粉を発見したので早速購入。今日は、その粉を使ってライ麦パンを焼いてみました。

オーブンで焼いていると、パンの表面に散らしたキャラウェイシードの香りがふんわりただよっていい感じ。

今日の夕食に、スープと一緒に試食です。
[PR]
# by koebel | 2011-11-12 14:09 | daily news
秋のご馳走。
e0132720_12343112.jpg

ここ数日寒い日が続くと思っていたら、昨晩とうとう初雪が降りました。今日は慌ててしまっていた冬コートを出しました。そろそろ冬支度ですね。今年は例年よりちょっと早い気がします。

秋以降、カナダの我が家周辺では、様々な種類のカボチャが沢山出回ります。
実は、カボチャ=パンプキン、と日本では教わりますが、日本でよくみかけるカボチャがこちらではsquash(スクワッシュ)と呼ばれて売られています。

写真に映っているものは全てsquashです。(ちなみに、パンプキンパイによく使われる"パンプキン"はまた別にあります。)左からButtercup Squash、Spaghetti Squash、Butternut Squash、Delicata Squash… 

味も薄味から、日本のカボチャに似たしっかりした味までバラエティに富んでいます。
10月にこのsquashが出て来始めると、"また寒い季節がやってくるなぁ"という気分になります。

さてこの集まったsquashをどう料理するか、どう1週間のメニューに組み込むかが来週の課題です…。
[PR]
# by koebel | 2011-11-11 20:00 | daily news
Mayaのバースデイ!
e0132720_11101791.jpg
今日はMayaの3歳の誕生日でした。

そろそろ"おめかし"とか"オシャレ"の意味が分かってくる年頃。Mayaをそそのかして(?)、今日は一日ドレスを着てもらいました。本人も、なにやら満更でもない様子。最後には、放課後私がシッターをしている小学生のお姉さん達と一緒に、ファッションショーとなってしまいました。

写真は、そのファッションショーが始まりだした時の1枚です。
[PR]
# by koebel | 2011-10-04 00:00 | daily news
ビタミンカラー!
e0132720_1035535.jpg

今年は初夏から12月末まで、地元の有機農業をしている農家の方たちからその時期に採れる旬の野菜を届けてもらう「野菜BOX」を毎週頼んでいます。この採れたての野菜たちの元気いっぱいなこと!スーパーで買う野菜たちより、色もずっと鮮やかで瑞々しさに溢れています。

今日は、カラフルなトマトたちが届いたので、あまりの美しさにカメラを手にしてしまいました。

以前、写真撮影の練習!と称して、野菜を撮っていたときのことを思い出しました。
あの時は、野菜の美しさを一生懸命引き出そうと苦労していたけれど、こんなに美しい野菜たちも世の中には存在するんですね。

目から口から、野菜たちに元気を分けてもらっている今日この頃です。
[PR]
# by koebel | 2011-09-09 10:20 | daily news
SUMMER PLUM CAKE with COGNAC CREAM
e0132720_112109.jpg

8月中旬からプラムが出回っています。八百屋さんで買ってきた美味しそうな紫色のプラムたちを使って図書館から借りてきた本"A TASTE of CANADA”の中のレシピをもとにプラムケーキを作ってみました。

写真には映っていませんが、コニャックの代わりにブランディーを入れたホウィップクリームは、ちょっと大人の味でプラムケーキとよく合い美味しかったです。

さすがに大人2人+少食の9歳児+よく食べる2歳児の我が家ではなかなか食べきれないので、近所の老夫婦のところにもおすそ分け。なかなか好評でした。

日本のプラムにも合うかしら。レシピを載せますので、興味のあるかたはぜひお試しあれ♪

グラニュー糖      250ml (カナダだとこれで1cup)
やわらかくしたバター 125ml(カナダだとこれで1/2cup)
卵           2個
バニラエッセンス    小さじ1
小麦粉         250ml
ベーキングパウダー   小さじ1
塩           小さじ1/4
プラム(種をとり、半分に切ったもの)12-14個
粉砂糖
コニャッククリーム(レシピ下にあります)


グラニュー糖を大さじ1 別に取り分けておく。
大きなボウルに残りのグラニュー糖とバターを全体がふわっとなるまでミキサーで泡立てる。卵を1個ずついれ、よく混ぜ合わさるまで混ぜる。バニラエッセンスを入れて混ぜる。小麦粉とベーキングパウダーと塩をふるいにかけたものを、少しずつ先ほどのバターを混ぜたものに投入しかき混ぜていく。

これをオイルを塗った23cmのケーキ型(底のとれるタイプのもの)に均等に流し込む。

半分に切ったプラムを重ならないように皮を上側にして並べていく。残しておいたグラニュー糖をぱらぱらとふりかけて180℃のオーブンの中段で約1時間ほど焼く。ラックで冷まし、粉砂糖をふりかけて出来立ての温かいうちに、もしくは室温と同じ温かさで、コニャッククリームと一緒にどうぞ。

コニャッククリーム:
生クリーム          250ml
粉砂糖            大さじ2
コニャックもしくはブランデー 大さじ2

ボウルに生クリーム、粉砂糖、コニャックを入れ泡立てる。
[PR]
# by koebel | 2011-08-22 00:00
ピッカピカのスケート靴。
e0132720_13384622.jpg

これまで幼児用のBob Skates(ボブ・スケート)という2枚刃の下駄のような格好のスケート靴を履いていたMaya。とうとう"正真正銘のスケート靴"を買ってもらいました。とても嬉しかったようで、買ってきたその日の晩からスケート靴を家のあちこちに持ち歩いたり、時々一人でこっそり試し履きをしたりしています。

Jackの時には見ることが出来なかった光景(Jackは4歳くらいまでアイスリンクに行くたび大泣きだったようで、最後は"スケートしたらご褒美にガチャガチャマシンでキャンディを買ってあげる"習慣に行き着いたとか)に、Danも「2歳から自ら進んでスケートを楽しんでいるくらいなんだから、Mayaは将来素晴らしいスケーターになるなぁ」とまんざらでもない様子。

Jackの後ろ姿を見て育っているMayaのこと。ゆくゆくは、アイスホッケープレーヤーになるのかな?いやいや、個人的にはフィギュアスケーターになって欲しいなぁ…と母親としてはフクザツな気分です。
[PR]
# by koebel | 2011-01-18 20:00 | daily news
Mayaの髪の色。
e0132720_1334358.jpg

Mayaの髪の色は、パパのDanによく似ています。
一見、ダークブラウンなのですが、光線の加減でもっとずっと明るい色に見えたりする不思議な髪なのです。

Mayaが窓から外の風景を見て楽しんでいるのを隣りで眺めていたところで、ふと思い立ち、写真を撮ってみました。
[PR]
# by koebel | 2010-02-10 20:00 | daily news
Pork Katsu つくりました。
e0132720_1345549.jpg

以前、定期購読しているカナダの婦人雑誌に"Pork Katsu(ポーク カツ)”という名前でトンカツのレシピが載っていたのを見つけて、どんな味になるのか興味があり作ったところ、これが家族全員になかなか好評でした。

味も、実家の母がよく作ってくれたトンカツに似ています。

作り方の手順は、日本のレシピと比べて特に変わっているところもありません。
パン粉も”Panko”として日本のパン粉がこちらのスーパーで一般に売られています。
(カナダのパン粉 Bread Crumbs は、非常に細かく砕かれていて、揚げたときに、日本のパン粉のようなサクサク感はあまり出ません。)

今日の献立は、トンカツ、キャベツの千切り&生姜のドレッシング、ポテトサラダと炊き立ての白いご飯。

食いしん坊のMayaは勿論のこと、久々にJackも残さず全部食べてくれました。
頑張って作った料理が、お皿にひとつも残っていない状態で帰ってくる。なんとも言えないくらい、嬉しいものですね。
[PR]
# by koebel | 2010-02-01 20:00 | daily news
Jackの帽子を借用中。
e0132720_1548336.jpg

Jackがひいおじいちゃんにプレゼントしてもらった大事な帽子を、Mayaが借りています。

ビニール製のサングラスがゴムバンドで一緒に付いていて、なかなかカッコイイ。
でも、Mayaがこの帽子を被るとおかしな感じになるんです。

そのおかしな感じを写真に撮りたくてカメラを向けていると、Mayaがカメラに気付いてカメラに近付いてきます。Jackが気付いて、慌ててMayaを引き止めてくれましたが…今度は帽子が取れてしまいました。なかなか上手く行かないものですね。
[PR]
# by koebel | 2010-01-22 20:00 | daily news
BETTER BABY FOOD
e0132720_1583333.jpg

Mayaが離乳食を卒業したので、そろそろ幼児も大人も同じものを美味しく食べることが出来る献立にしよう、と考えた時、Jackのお母さんStacey(ステイシー)がJackの出産祝いに彼女の叔母様からもらった素敵なレシピ本 "BETTER BABY FOOD"を持っていたのを思い出し、引っ張り出してきて使い始めました。

結婚した直後にこのレシピ本を使って、いくつか料理を作ったこともあったのですが、今、こうして育児を始めてみて、改めて「短時間で」「栄養バランスの取れた食事」「幼児用の味付けだけれど大人も満足する」レシピが満載されたこの本を、本当に有り難く思い、楽しんで使っています。

というわけで、今日はレシピの中からオート麦とライスクリスピーの入ったクッキーをおやつ用に焼いてみました。
香ばしく、カリッと歯ごたえのあるクッキーです。

日常生活の中でお菓子を焼こうという気持ちの余裕、時間の余裕も、最近やっと戻ってきました。
[PR]
# by koebel | 2010-01-15 20:00 | daily news
お絵かき、始めました。
e0132720_14535336.jpg

Mayaがついに"お絵かき"に興味を示し始めました。

なにやら静かに遊んでいるな…と思ったら、画用紙に立派な"お絵かき"が。
「スゴイじゃない!マヤ!!大進歩だね!!!」
…と我が子の成長に感激していると、気がつけば、手にも、口の周りにも(味見もしたみたいです)、服にも、床にもカラーペンの形跡が…。
[PR]
# by koebel | 2010-01-11 20:00 | daily news
はじめてのtobogganing
e0132720_14442883.jpg

日曜日の午後、久しぶりにDanにも私にも予定が入っていなかったので、家族で近所の公園の裏手へtobogganing(トポガニング:雪ソリ遊び)をしに出かけました。

Jackは大喜びで、Danと一緒にひたすら滑っては登り、滑っては登り。

Mayaにとっては、今回が初体験。
公園のすべり台もまだ未経験のMayaに果たして楽しんでもらえるかしら…と不安だったのですが、案の定、私と滑った1回目で恐怖のために大泣き。
その後はすっかり怯えてしまい、ワゴンの中でじっとJackとDanの様子を見ていました。

私が一人で滑ろうとすると、恐怖が蘇ってくるのか、ワゴンに一人残されるのが不安なのか、(DanがMayaの脇についているのですが)再び大泣きする始末。

大粒の涙を流して泣くMayaの様子に、Danと一緒に笑ってしまいました。
[PR]
# by koebel | 2010-01-10 20:00 | daily news
只今、お掃除中。
e0132720_14252566.jpg


MayaがGrandpa & Grandma Koebel (グランパ&グランマ ケイブル:Danのお父さん方の夫婦)からオモチャの"お掃除道具セット"をクリスマスプレゼントに頂きました。

以前から私が掃除をしている様子をみて、掃除道具を試したくて仕様がなかったMaya 。
頂いたお掃除道具のうちのひとつ"はたき棒"を持ち出して、自分の顔に当てパタパタ…。フサフサと柔らかな感触が気に入ったのか、一人でニコニコしながらしばらく飽きずに自分の顔をはたいて遊んでいました。
[PR]
# by koebel | 2010-01-07 20:00 | daily news
Merry Chistmas and a Wonderful New Year!
e0132720_13323167.jpg


更新が随分空いてしまいました。

昨年12月上旬、Mayaがクリスマスカード用の写真のためにオシャレをしたので、Jackに頼んで隣に座ってもらい記念写真を撮りました。

メリークリスマス、そして、明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
# by koebel | 2010-01-01 20:00 | daily news
Happy Father's Day!
e0132720_11575166.jpg


父の日を祝いに、RuthとEarl (Danのお母さんとそのパートナー)の家を訪ねました。
Danの兄弟とそのパートナーも集まって、楽しい午後となりました。

EarlはDanが10代前半の時にRuthと再婚して、Danの継父になったそうです。
Earl自身にも2人の実の息子が既にいるところに、さらにDanを含め3人の男の子…最愛のRuthと共にとはいえ、計5人の思春期真っ只中の息子たちの住む一家の大黒柱としてやっていくのは、さぞかし大変だったろうと思います。

いつも穏やかなEarl。時折、楽しいジョークを披露してくれるばかりで、彼の口から愚痴や苦労話を一度も聞いたことがありません。

このところJackやMayaと一緒にいる時が、一番嬉しそうです。孫たちと本当に楽しそうに遊んでいるところを見ると、これまでのEarlの父親としての苦労が、少しでもこれで帳消しになっていますように…とふと思ってしまいます。

Happy Father's Day, Earl!
[PR]
# by koebel | 2009-06-14 20:00 | daily news
お父さんと一緒。
e0132720_14582990.jpg

このところ家事と育児に追われ、なかなかファインダーを覗く心のゆとりがなく、しばらくカメラを手にすることからも遠ざかっていました。

ところが先日スーパーで買い物をしていると、ショッピングカートに収まっているMayaを見た年配のご婦人から声をかけていただきました。
「今の時期を大切にね。たくさん思い出を作っておきなさい。子供はあっという間に大きくなってしまうんだから。私の息子なんか、まだまだ小さいと思っていたら、もう50歳だもの」

なるほど、今の時期を大切に。たくさん写真も撮らなければ。


今日の夕食後、久々にDanとMayaがツーショットで遊んでいました。
お父さんに構ってもらって嬉しいのか、Mayaの瞳がいつになくイキイキと輝いています。
親バカですが、「やっぱりウチの子が一番カワイイ!」と思える瞬間。
私も久々にカメラを手に取りました。
[PR]
# by koebel | 2009-04-23 20:00 | daily news
マフラーと帽子の関係。
e0132720_159211.jpg

遠く横浜に住む友人から、手作りのマフラーと帽子を送っていただきました。

マフラーはJackに、帽子はMayaに。
ふわふわとしたソフトな感触で、やわらかい手触りのものが大好きなJackは大喜び!

記念写真を撮ろうよ!ということになり、Jackも照れくさそうにイソイソとマフラーを巻きます。私も、チリチリと音を立てるヒヨコの鈴の付いた、とびきり可愛い黄色の帽子をMayaにかぶせてみました。
「Mayaの帽子カワイイ!Mayaは、本当にカワイイねぇ~」
とJackがMayaのほっぺにキスをしているのを見て、嬉しくて思わずシャッターを押してしまいました。

大きくなっても、兄妹仲良しでいてほしいな。
暖かなクリスマスプレゼントに、心まで温まったひとときでした。
[PR]
# by koebel | 2008-12-07 20:00 | daily news
元気の素。

e0132720_151570.jpg
Mayaが表情豊かになってきました。

生後2ヶ月になって、授乳のリズムも夜中に2回の授乳から、夜中に1回へ間隔が空いてだいぶ落ち着いてきたとはいえ、まだまだ寝不足の状態です。

でも、Mayaがふとした拍子に突然笑顔を見せてくれると、何とも言えず嬉しくて
「よーし、この子のために、もうひと踏ん張り!」
と頑張ってしまえるから不思議なものですね。
[PR]
# by koebel | 2008-11-29 20:00 | daily news
悪ガキ4人組。
e0132720_15341642.jpg

Danの発案で、Jackのクラスメート3人を招待して、夕方から簡単なディナー&映画鑑賞会パーティーをしました。

映画鑑賞会、といってもレンタルビデオショップから借りてきた映画1本を見るだけなのですが…6歳~7歳児の男の子達が4人も揃うと、もう休みなく走り回る、叫びまくるの大騒ぎ。大変賑やかな夜となりました。
[PR]
# by koebel | 2008-11-16 20:00 | daily news
ひいおばあちゃんのララバイ。
e0132720_9332663.jpg

Mayaを連れて、Grandma Reist(グランマ・ライスト:Danの継父・Earlのお母さん)の住む老人ホームを訪ねました。

Mayaを連れての訪問は、今回が初めて。予告なしの突然の訪問におばあちゃんも驚きつつ、新しく出来たひ孫を腕に抱いて目を細めっぱなしでした。

授乳後、うまくゲップが出なかったからか泣き出してしまったMayaを、おばあちゃんが
子守唄(ララバイ)であやしてくれました。
その子守唄の優しい曲調のせいか、おばあちゃんの柔らかな歌声のせいか、ひ孫を見ることもなく数年前に亡くなった私自身の祖母のことを思い出したからか、傍らで聴きながらどうしても涙が止まりませんでした。
[PR]
# by koebel | 2008-10-16 20:00 | daily news
Jackに妹が出来ました!
e0132720_9241034.jpg

10月4日15時40分、出産予定日より12日早く、我が家に新しい命が誕生。
出産時の体重は2920グラムで、予想していた以上に健康児のようです。

女の子で、名前はMaya Ruth Koebel(麻耶・ルース・ケイブル)に決まりました。

Danは初めての女の子の赤ちゃんにおっかなびっくり(本人は男兄弟のなかで育ち、
Jackも男の子のだったため)、でもとても可愛いらしく、暇を見つけては熟睡しているマヤをそっと抱き上げて語りかけています。

Jackは、自分がお兄さんになったことがとても誇らしいらしく、親戚・友人に
「妹が出来た!」と電話をかけまくったり、マヤと自分が(大好きなマクドナルドつきの)街にいる絵をマヤのために描いてプレゼントしたり、早速ABCの書き方のお手本を手作りで準備したり、なかなか忙しそうです。

さて私はというと、2-3時間おきの授乳にヘトヘトになりがちなものの、それでもDanの両親達が家事を助けに来てくれたり、お友達に夕食をデリバリーしてもらったり、皆さんのご厚意に感謝しながら、慣れない育児に頑張っています。

マヤがふとした拍子にニコッと笑いかけてくれると、疲れも吹っ飛んでしまうのだから、不思議なものですね。

ますます賑やかなケイブル家になりつつある、今日このごろです。
[PR]
# by koebel | 2008-10-04 20:00 | daily news
子猫の里親役に挑戦中。
e0132720_10281146.jpg

新しい家族が増えました。
名前はTiggy(ティギー)。生まれてまだ4ヶ月目の子猫です。

野良猫Sarah(サラ)を引き取った時にお世話になった動物愛護団体に、Sarahの夜鳴きがひどくて眠れないんです、と相談したところ、遊び相手が欲しいのかもしれませんね、という返事が返ってきました。それが引き金になり、子猫の引き取り先が見つかるまで、里親をしてみようかということになりました。

一緒に暮らし始めて2週間経ちましたが、Sarahともすっかり仲良くなって、朝に晩に一緒にじゃれあったり、追いかけっこをしたりしています。これまでゴロゴロしてばかりで運動不足ぎみだったSarahにはいい刺激になっているようです。このところ、SarahがTiggyを舐めている様子を目にする機会も増え、困っていた夜鳴きもほとんど無くなりました。

Jackはというと、
「我が家に男の子が一人増えたね!」
と抱きかかえたり、一緒にリボンで遊んだり、Tiggyとの時間を彼なりに楽しんでいるようです。

Danと私は、というと、我々の第2子が生まれる前に、もう一人子供が出来たような気分で、可愛いしぐさをするTiggyに目を細めたり、悪さやいたずらに頭を抱えたり忙しくしています。
[PR]
# by koebel | 2008-09-15 20:00 | daily news
手作りシュークリーム。
e0132720_11854100.jpg

母に送ってもらったシュークリーム・キットを利用して、今日はシュークリーム(こちらでは
cream puff クリーム・パフと呼ばれています)を焼きました。

シュー皮が上手く焼けるかどうか心配だったのですが、手のひらにすっぽり収まるような小さなサイズのシュークリームが8個、なんとか出来あがりました。

Jackにおやつの時間に出したところ、「すっごく美味しい!」と大好評でした。
シュークリーム効果か、その後、ダイニングルームのフローリング床の床掃除をJackが
進んで手伝ってくれたりして、内心驚くやら、嬉しいやら。


夕方、仕事から帰ってきたDanにも、
「ね、食べてみなよ!美味しいから!」
と勧めているところをみると、本当に気に入ってくれたようです。

普段Jackから「うわー、気持ち悪~い」「うぇ~っ、食べたくなーい」というコメントを聞いてばかりの私としては、ここまで褒められるチャンスは滅多にないので、DanとJack二人の脇で思わずニヤニヤ。なかなか嬉しい午後でした。
[PR]
# by koebel | 2008-07-24 20:00 | daily news
Grandy Lake Provincial Park にて。 (4)
e0132720_117313.jpg

3日目の午後、Jackは親戚のおじさんたちのキャンプサイトでしばらく過ごしていたのですが、その間に、シマリス捕獲作戦をいつの間にか企てていました。

キャンプサイトに遊びにくるシマリスを"チッピー"と名づけ、(シマリスを英語でchipmunk チップマンクということから)おじさん&おばさんご夫婦に分けていただいたピーナツを一袋抱えて腹ばいの姿勢のまま2-3時間、駐車してあった車の脇に頑張って張り込んでいた模様。

Danと私が、夕食をご馳走になりに訪ねた頃にもまだ腹ばいの状態で、
「チッピー、出ておいで~。チッピー」
とピーナッツを両手にいっぱい抱え込んで、シマリスを呼んでいました。

Jackの、6歳児とは思えないほどの粘り強さ、辛抱強さに、口に出しかけた"野生動物に食べ物を与えてはいけないんだよ"という言葉を思わず飲み込み、私もそのまま見守ってしまいました。


夕食後、虫取り網を持ち出して、一度Jack念願の"チッピー捕獲"に成功したものの、やはりシマリスのほうが上手で、周囲が驚いている隙に、網をすり抜けてサッサと草むらに逃げてしまいました。

無事で良かったよ、チッピー。Jackを満足させてくれて、有難う。
[PR]
# by koebel | 2008-07-08 20:00 | daily news
Grandy Lake Provincial Park にて。 (3)
e0132720_450322.jpg

キャンプ3日目、親戚の男の子オースティンとそのお友達と一緒に、湖へ泳ぎに行きました。(私は見学のみでしたが…。)

快晴の青空の下、恵まれた自然環境の中で気持ちよさそうに泳ぐ少年達を見ていたら、何だかこちらまで清々しく晴れやかな気持ちになりました。
[PR]
# by koebel | 2008-07-07 20:00 | daily news
Grandy Lake Provincial Park にて。 (2)
e0132720_3512023.jpg


キャンプ2日目、Uncle Shawn(ショーン叔父さん)とその彼女Stacey(ステイシー)、
Danと私、Jack、と計5人でキャンプサイト脇にある湖に釣りに出かけたところ、Jackが生まれて初めてパイク(カマス科の淡水魚)を釣り上げました!

Jack本人に言わせると、「何年か前、ハンガリー(お母さん方のお祖母ちゃんの故郷)を旅行した時に、いーっぱい魚を釣ったもん!初めてじゃないよ!」ということなのですが…。

結局釣り名人のShawnでさえも、湖で1匹も釣ることが出来ず、その日のフィッシュ・ダービーはJackが優勝者ということになりました。


Jackはパイクを釣り上げた後、表向きはそんなにはしゃいだ様子でもなかったのですが、内心かなり興奮していたのだと思います。

休憩中のJackの釣竿を借りて釣りにチャレンジした私に、
「竿の投げ方が違うってば。こう投げるんだって。助けが必要だったら言ってね!ボク、休憩してるから」
と得意げに声をかけてくれました。
[PR]
# by koebel | 2008-07-06 20:00 | daily news
Grandy Lake Provincial Park にて。 (1)
e0132720_3241773.jpg

Jack待望の、夏休みが始まりました!

夏休み第1週目の週末は、毎年恒例でDanのお母さん&旦那さん、Danの兄弟、親戚が集まってGrandy Lake Provincial Park (グランディ湖 州立公園)でキャンプを楽しみます。

今回は、6月28日から7月1日まで、3泊4日のキャンプとなりました。(7月1日はカナダの建国記念日のため、大人たちにとっても、嬉しい連休となったようです。)

写真は、Jackが親戚のおじさんとワンちゃん("バディ"という名前のおじいちゃん犬)に、お腹に貼りつけたタトゥ(肌につけられるシール)を披露しているところです。
[PR]
# by koebel | 2008-07-05 20:00 | daily news